ライスパワー 比較

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

ライスパワー化粧品を徹底比較!

最近じわじわと人気のライスパワー化粧品。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

お米の成分には、乾燥が和らいだり、お肌のキメが整ったりと美肌効果がたくさん!

 

米ぬかや米のとぎ汁、酒かすなどを使った美容法も注目を浴びているんです。

 

その中でも、一目おかれているのがライスパワーNo.11!

 

ライスパワーNo.11は、日本酒をつくる”発酵”の過程で、偶然発見された成分です。材料は、もちろん国産白米100%でできています。白米を蒸した後、丁寧に抽出。90日間の発酵・熟成の違いで出来た数限りないエキスの中から最も「保湿効果」に優れたものをスクリーニング抽出しています

 

(米肌の公式HPより)

 

このサイトでは、ライスパワーNo.11を使った化粧品をランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね!

 

ライスパワーNo.11の効果は?

 

ライスパワーの効果は、「水分保持機能の改善」です。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

これは、ただ保湿するのではなく、お肌が自ら水分を保つ機能を改善すること。

 

水分保持力がアップすることで、乾燥から起こるシワ、たるみ、お肌のきめ、毛穴の開きにも効果が期待できます。

 

乾燥とエイジングケアを同時に行えるので、ぜひオススメしたいですね。

 

ライスパワー化粧品ランキング

 

米肌

 

 

 

米肌で理想的な素肌を!公式サイトはこちら


 

  • ライスパワーNo.11が、水分保持能のカギセラミドを産出。
  • MAQUIA 美のプロ50人が選ぶコスパ・コスメグランプリ2015 第1位受賞!
  • 14日間で、自らうるおう肌へ導きます。

 

価格

14日間トライアル潤い体感セット1,389円(税抜)

内容量

豪華トライアル5点セット

備考

洗顔からケアできる人気のシリーズです。

 

 

米肌の総評

 

コーセーのオンライン限定ブランドの米肌。

 

有名女優やモデルの広告が印象的です。

 

お肌に潤いを届け、お肌のハリに必要なコラーゲンを作りだす働きをしてくれるライフパワーNo11が配合!

 

「ライスパワーNo.11」の他に、「ビフィズス菌発酵エキス」や「大豆発酵エキス」でうるおいをキープできます。

 

「乳酸Na」や「グリコシルトレハロース」の力で、空気中の水分までを取り込む肌に。

 

無香料・無着色、鉱物油フリー、アレルギーテスト済みなどの低刺激処方です。

 

14日間で毛穴が目立たなくなる、驚きの素肌へ!

 

一度試してみたいですね。

 

米肌で理想的な素肌を!公式サイトはこちら


 

 

 

 

 

ライスフォース

 

 

しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース トライアルキット』公式サイトはこちら


 

  • 化粧水、美容液、クリームには、肌が自ら水分を保つ力を改善する「皮膚水分保持能改善」を認められた唯一のエキス「ライスパワーNo.11エキス」を高配合。
  • 累計販売本数1,700万本突破!
  • 有名芸能人やモデル、美容のプロなどが愛用中!

 

価格

基本の3点トライアルセット900円(税抜)

内容量

化粧水、美容液、クリーム

備考

3点全てが【医薬部外品】です。

 

 

ライスフォースの総評

 

お肌に優しい配慮がされているので、安心して使用できます。

 

お肌へぐんぐん入っていって、潤いがアップする感じはクセになります。

 

べたつきは一切ないので、使用感はお墨付き。

 

海外のスパでも使用されている実力派です。

 

しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース トライアルキット』公式サイトはこちら


 

 

 

 

 

ライースリペア

 

 

【ライースリペア実感セット】の公式サイトはこちら


 

  • ライスパワーエキスNo,11の特許をもっている勇心酒造メーカーが開発した「ライースリペア」
  • 医薬部外品だから効果はお墨付き。
  • 香料や着色料も使われていないので、お肌にやさしいんです。

 

価格

トライアルきっと1,750円(税抜)

内容量

化粧水、美容液、クリーム

備考

じっくり試せる10日分です。

 

 

ライースリペアの総評

 

ライスパワーNo.11は、勇心酒造株式会社で開発されました。

 

ライスパワーエキスの生みの親だからこそ知りえるエキスの特徴を最大限に生かす処方。

 

もちろん医薬部外品です。

 

自然に肌になじみ、化粧品をつけているという感覚がありません。

 

付け心地で選ぶならライースリペアですね。

 

【ライースリペア実感セット】の公式サイトはこちら


 

 

 

ライスパワーエキスって?

 

ライスパワーエキスは、お米を発酵させる事で得られます。

 

その開発は、お米の発酵に携わるエキスパート、香川県の勇心酒造株式会社から始まりました。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

安政元年(1854年)創業の老舗。

 

お米の新しい可能性を引き出すことを目指して、これまで培ってきた知見をもとに「ライスパワーエキス」を研究・開発しています。

 

古来より磨かれた発酵技術に科学技術を加えることによって、これまでにないお米の力を抽出することに成功したんですね。

 

ライスパワーエキスの効果は証明されている?

 

ライスパワーエキスの効果は様々です。

 

ライスパワーの種類.によって以下のような効果の違いがあります。

 

「No.11」水分保持能を改善する
「No.1」健やかさを保つ
「No.2」保護と清浄化
「No.3」潤いを保ちながら汚れを落とす
「No.7」油分を保持し乾燥をケアする
「No.10」皮脂バランスを保つ
「No.23」保護しながら透明感を高める
「No.1-D」温浴効果とスキンケア効果

 

最も注目されているのが「ライスパワーエキスNo.11」。

 

「水分保持能の改善」という効果を持つ有効成分として、厚生労働省から医薬部外品の認可を受けています

 

ライスパワーエキスNo.11が持つ医薬部外品としての効果とは?

 

ライスパワーエキスNo.11」は、「水分保持能の改善」という効果を認可されています。

 

この医薬部外品としての認可は、化粧品とカテゴライズされるよりもその効果の信頼性が高いと言うことができます。

 

それまで、「皮膚の乾燥を防ぐ」「皮膚の潤いを保つ」といった効果を持つ成分はありました。

 

でも、「水分保持能の改善」という効果は「ライスパワーNo.11」が初めてなんです!

 

しかも、医薬部外品レベルで効果効能を発揮できる成分が「ライスパワーエキスNo.11」なんです。

 

では「水分保持の能力を改善」するという効果、具体的に肌にどう作用するものなのでしょうか。

 

「ライスパワーエキスNo.11」の持つ効果「水分保持能の改善」とは?

 

「ライスパワーエキスNo.11」には、一時的な「保湿」ではありません。

 

肌そのものの「水分保持機能」を「改善」できる効果があります。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

例えば、肌の表面に水分をしばらく留めておける成分を「保湿」成分と呼びます。

 

一時的な「保湿」では「角質層」内分の水分量増加までは望めません。

 

しかし、角質層が水分で満たされていない肌は、キメが乱れ、より水分が蒸発しやすい悪循環に陥っています。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

角質層には本来水分保持機能が備わっています。

 

この機能が健全で初めて肌の潤いが維持できます。

 

その役割を担っているのが、角質層の細胞の隙間をセメントのように埋める「細胞間脂質」という成分です。

 

中でも「セラミド」は、この細胞間脂質の約8割を担っています。

 

「ライスパワーエキスNo.11」は、セラミドそのものを補うのではなく、その「生成量を増やす」ケアをします。

 

それが水分保持能の改善なんですね。

 

ライスパワー化粧品を比較してオススメはどれ?

 

 

「ライスパワーエキスNo.11」はアトピーにも推奨?

 

セラミドの生成量を増やす「ライスパワーエキスNo.11」は、特にアトピーや加齢などでセラミドが減少した乾燥肌の方にお勧めの成分です。

 

セラミドは加齢によって減少します。

 

その理由は2つ。

 

ターンオーバーの遅れ

 

セラミド生成力そのものが衰えること

 

アトピー肌など生まれつきセラミドの生成量が少ない人もいます。

 

セラミド不足の肌には、一時的な保湿ではケアが追いつかない事が多々あります。

 

そこで角質層の水分保持機能そのものにアプローチする事が、効果的なケアとなります。

 

角質層のセメントとなる細胞間脂質が少ない肌は、細胞の隙間がスカスカな状態です。

 

水分が逃げやすいだけでなく、外からの刺激にも弱く、角質層の下にある内部層にダメージが加わりやすくなっています。

 

そのためケアそのものも低刺激である事が望ましいんですね。

 

「ライスパワーエキスNo.11」はセラミドの生成量を増やすとともに、成分自体の刺激が少なく、また浸透性にも優れています。

 

成分そのものの浸透性が高ければ、浸透を助ける界面活性剤など他成分の力も少なくて済みます。

 

商品によって配合の方法は異なりますが、比較的刺激が少ないといえるでしょう。

 

ホーム RSS購読